コロナ禍の妊娠生活

さぁ、何から書こうかしら...と。

しょっぱなから大事な告白すると、なかなか言いにくいことなんですけど、私コロナのワクチン打ってなくてですね😔
不快になられる方がいらっしゃったら申し訳ないです😞

妊娠中のワクチン接種は病院でも推奨されていたのですが、仕事もテレワークでしたし、なんとなく不安もあってそのまま打たずに過ごしていました。

ちなみに風疹抗体ワクチンの方は、小学生の時に打ってるはずなのですが1人目妊娠中に測ったら抗体がついてなくて...

1人目出産後子供のワクチン接種の時に一緒に打ったんですけど、2人目妊娠中に測定したらまたもついてなくて。結局3人とも抗体ないまま不安な気持ちで過ごすという事態。

今回の出産後に看護師さんにそのことを伝えると『ワクチン打ってもつかない人いるんですよ。理由は分からないんだけど。』とのこと。

・・・理由は知りたい🤔

とりあえず私は今の時代大事な抗体が二つとも無いまま妊娠生活を送ることに。

妊娠中発熱したらどうする?

妊娠初期の頃、
『もし妊娠中に発熱したりコロナの症状が出たらどうしよう』
と不安になり、コロナの電話相談窓口と病院の先生に質問しました。

電話相談では『まずはかかりつけの産婦人科の先生の指示を仰いでください。病院の方にも常に最新の情報が届くので、その時期の対応に従ってください。』とのこと。

産婦人科の先生は『なるほど、そっちではそう言われたんだね。発熱したらまず発熱外来に行ってもらうことになると思うけど、その時になってみないと・・・今はっきりしたことは言えないなぁ。妊婦さんにもコロナのワクチンは推奨されてるから、打っておいたらいいかもね。妊娠後期にコロナにかかると子宮が大きくなってるからその分肺を圧迫して重症化しやすいんだよね。』という回答。

行政の方も産婦人科の先生も、とても丁寧に優しく答えて下さったので、妊活中や妊娠中で心配な方は、小さいことでもなんでも聞いて心の準備だけでもしておくことをオススメします😊

よって私の中での結論は

『妊娠後期にかかって重症化するのは怖いから、後期に人混みに出かけるのはやめとこう!それまでは、家族全員漢方で出来るだけ予防しておこう。』ということに。

が、しかし、最後の最後で・・・

かかってしまいましたーーーーー😭
びっくり!!!!!!

コロナになる直前3日間は買い物くらいしか出かけてなかったのに、です。

新月✖️大潮✖️背中の痛み で勘違い

妊娠38週くらいから前駆陣痛が始まってて、今か今かと過ごしていた頃、新月で大潮の日がやってきました。

その夜、
『なんか体が痛い。体もほてる。もしや・・・』ソワソワ( ゚д゚)

夜は陣痛タクシー呼ばないといけないから明日の朝まで耐えたいところ・・・

『いやでもやっぱ腰が痛いぃぃ〜』

夜中の3時に病院に電話し『子宮の強い収縮はないんですけど、お腹が張る頻度は10分以内になってます。行ってもいいですか?』

🏥『熱はないですよね?』

『ほてる感じはあるんですけど、陣痛だと思います。』⬅︎ドヤ顔で大勘違い笑

病院行く準備してる間に子供が起きてしまって、バタバタしてたら痛みが少し引き、お腹が張る感覚も縮まらなかったのでやっぱり朝まで耐えることに。

明け方の5時まで陣痛だと信じていたのですが、なんと体温計で測ると発熱。
37度後半〜38度前半
妊婦は37.5度以上出ると良くないらしいので、タイレノール(妊婦でも飲める成分:アセトアミノフェン)という解熱鎮痛剤を飲んだら、しっかり効いてくれて90分間寝れました。⬅︎やっぱ陣痛じゃなかった

オーマイガーーーーーー(΄◉◞౪◟◉`)
これはもう終わった。
産婦人科に行きたくても行けない。

発熱後の行動

産婦人科に電話
   ⬇︎
とりあえず発熱外来に連絡して下さいとのことで市内の発熱外来に電話
   ⬇︎
めちゃくちゃ親切な看護師長さん(Fさん)に当たって、38週妊婦で前駆陣痛が始まっていることを伝えると、泣けるほど親身になって下さいました。
妊婦だしいつ産まれてもおかしくないからと色々優先してくれて『午前中に検査しよう。陰性だったら安心できるじゃん。予約しとくからすぐにおいで。抗原検査もPCRも出来るようにしとくから。』と😭
   ⬇︎
夫の運転で病院に行き駐車場でドライブスルー検査
   ⬇︎
🏥『抗原検査の結果はすぐに出るから後で電話します。PCRは最短で2日後の朝出るので、通常陰性だと連絡せず陽性の場合のみ連絡するのですが、今回は妊婦さんなのでどっちにしろ結果が出次第夜中でも連絡しますね。』と。

とにかく看護師長のFさんが優しくて優しくて、久しぶりにこんなに人に親切にしてもらったので、とても不安でしたがかなり安心できました。(日本語がむずい。笑)
   

抗原検査の結果はすぐに出て陰性とのこと✌️

ただ、PCRが本番。

一旦『PCR陰性でした』と連絡が来て安心していたら、『すみません、あの結果は抗原検査の結果で、PCRはやっぱり陽性が出ました🧚‍♀️』

え・・・

えーーーーー

え〜〜〜〜〜〜〜〜ん(;_;)

子供はというと、まさかの同じタイミングで保育園が休園になったので、家族全員でのカオスな自粛生活が始まりました〜〜〜。

私以外症状もなく皆元気だったので、どこからもらったかはよく分からないままです。

コロナ中の体調

発熱・背中を中心とした体の痛み・倦怠感・頭痛 が20時間くらい続いたがその後すっかり消える。
3日目頃から急に声が枯れ、時々咳も出るが咽頭痛は全くなし。
ワクチンしてなかったのもあって、たまたま軽症で済んで本当に助かりました。自然免疫と漢方薬ありがとう。
熱があると胎児に悪いとのことで、タイレノール(妊婦も飲める市販の解熱鎮痛剤)を一応3回飲みました。

想像以上に行政や病院が親切

毎日いろんな方(保健所、産院、発熱外来で行った病院)から電話をいただいて、市からも食料などの救援物資がすぐに届きました❗️その中には指先の酸素濃度を測るオキシメーターも。

画像の説明
画像の説明

自粛期間中心配だったこと

●自粛期間中に陣痛が起こったら県立尼崎病院で出産(高速で20〜30分の距離)
●県立尼崎病院がその時いっぱいだったら保健所の人に電話して他の病院をあたってもらう(2名分の携帯番号を教えていただく)
●病院に行く際は救急車を呼んでもいい(確かに陣痛タクシーはもう使えない・・・)
●自粛期間中は産婦人科の検診が受けられない(ただし異常を感じた場合は県立尼崎病院に行ってもいい)

なかなかハードな状況です。
自粛期間が明けるのは妊娠40週2日の2月12日。

1人目を37週で出産し、2人目を39週で出産しているので、希望は薄いけどもう祈るしかない。

毎日毎日お腹の子供に言い聞かせました。

『3人目だし陣痛が始まったら早いらしいけど、病院着くまでは出てきたらいけんのよ。できれば12日まで待ってね。ママはいつもの病院で美味しいご飯が食べたいからさ。』と

コロナ禍の出産編
につづく


山口県山口市
子宝相談が出来る漢方薬店【山一薬舗 】

赤ちゃんが欲しい方へ

LINEで送る


 


コメント


認証コード5996

コメントは管理者の承認後に表示されます。